前へ
次へ

人材派遣の基本的な仕組み

労働者が求人を探す時に正規社員が基本になりますが、同時に派遣社員を目指すスタイルも確立されてます。
派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結ぶ事で、別の会社に派遣されて、働く事になります。
派遣社員には、登録型派遣や常用型派遣の他に紹介予定派遣等が存在します。
その為派遣のスタイルによって働き方等も変わってきますが、労働者の方が自由に選ぶ事ができます。
派遣社員の面白い所は、給与や社会保険等が人材派遣会社から提供されるので、実際に働いている会社から給与等が発生している訳では無い点です。
しかし働く会社側に上司等が存在するので、通常の正規社員よりも不思議な感覚で働く事ができます。
労働者からみると実際に働いている会社から給与を貰っている状態では無いのですが、人材派遣会社は労働者を派遣する見返りに派遣社員が働いている会社側から派遣料金を受け取っているので、その対価が派遣労働者にも回っている考えもできますから、基本的には実際に働いている会社からも給与を貰っている感覚で働いた方が、真面目に業務をこなす事ができる可能性があります。

株式会社Retell採用サイト
ウォーターサーバーの会社です。

長期の休みも相談可能な職場となっています

情報技術者RECRUIT

好きなおしゃれを楽しみながら働ける職場

株式会社ゼスト採用サイト
東京の一等地で働けます。

登録型派遣と無期雇用派遣の違いは、労働者が給与等を得られるタイミングに違いがあります。
登録型派遣の場合は、派遣社員として労働者が実際に働く場所を確保して労働している期間中だけ労働契約が発生するので、派遣社員として労働をしていない期間中は給与等を受け取る事ができません。
その為派遣先を見つけられない場合は、生活が不安定になるので、貯金等をしてリスクにしっかり備えておく事が大切です。
無期雇用派遣の場合は、派遣労働者が派遣先で働いている時も、派遣先が無くて働いていない時も安定して給与を得られるので、登録型派遣よりも安定した生活を実現できます。
しかし登録型派遣の様に簡単に登録する事ができないので、厳しい審査等を通過する必要があり、優れた資格等を所有している優秀な人材が中心になります。
正規社員でも資格の有無等で処遇が変わりますが、派遣社員も同様なので、積極的にスキルアップを目指す事が大切です。

Page Top